漁師の家が堂々完成:ハイブリッドガス給湯器+床暖房の威力

2017.3.11に引越し。くしくも6年前の同じ日に起きたあの出来事から、お客様はこれまで幾つもの荒波を乗り越えてここまで辿り着かれました。

今日と言う日を私共も忘れる事はないでしょう、本当におめでとうございました。

お客様の新しい船出に微力ながらご協力できました事は弊社としても本当に嬉しい限りです。今後ともよろしくお願い致します。

 

【住宅コンセプト】

・プロパンガス契約単価を供給会社と交渉しRinnaiハイブリッドガス給湯器eco ONEを採用。

・床暖房についても上記給湯器からの供給により更に省エネルギーを促進。

・電気とガスのダブルエネルギーとし太陽光発電システムは海の霧やガスでも発電効率の低下しないソーラーフロンティアを搭載。

・断熱材および断熱サッシは市場でも実績の高い製品を使用し外皮平均熱貫流率:UA値=0.6以下。

・さまざまな生活空間にて照明・換気・空調機器については、高性能かつセンサ搭載型の採用により省エネルギーを実現。

 

 

『 漁師の家 』施工記録

あの東日本大震災から6年が経とうとしています。

石巻市小網倉浜において力強く生活を再建された漁師さんが居ます。そのお客様に通い続けて3年、『 ご自宅の鍵をお渡しできる 』ところまで参りました。本当にご苦労が絶えなかった事と存じますが、これからはゆっくりと素晴らしいご自宅でお寛ぎ頂ければと思います。

最新の設備機器、追求し尽くした省エネルギー設計によりガスや電気などのランニングコストの削減(▲7~10万円/年:想定試算値)を実現し、一次消費エネルギー計算の熱貫流率は当社スタンダード仕様でも

『 UA値は0.54 』 2020年基準の0.6をらくらくクリアしています。

この結果、融資においても低金利メニューの適用を受ける事が可能となり、お客様の負担軽減に繋がっています。

住宅内部の施工記録は次回のお楽しみ!

さてさて、次は息子さんの新築物件に取り掛かります。まだまだお客様の為に頑張らせて頂きます。

 

造成地の整備作業について

お客様からご用命頂き新築着工前の地盤調査の結果、造成盛り土のため地盤改良が必要です。ご負担をお掛けしますが安全・安心を手に入れましょう!

とは言え、車が入れません! (;・∀・) 写真をご覧頂くとお解り頂けると思いますが80cm程度の高低差がありました。

盛り土の鋤(すき)取りを行い土留めの一部解体と同時に部分地盤改良を施します。

100坪を超える土地ですが-15cm全面的に土の搬出を行いました。このような事例もありますのでお悩みの際はご相談下さい。

施工前と施工後の現地写真を比較しますと、宅地レベルの高低差と言うのは住宅を建築した後の安心感が飛躍的に違う事がご想像頂けます。

 

K様邸 仮設住宅からの脱出!

K様邸の仕上げ工事の状況です。

彼女が生まれて物心付いた頃には仮設の生活が始まっていました。

10年前に新築した家の記憶は彼女にはありません。

もうすぐです!あと少しです!

これからはタンスにも囲まれず、洗濯物にも埋もれず、寒くもなく、暑くもなくなります。

お風呂はと~っても広く!!

そして貴女だけの世界に一枚しかない部屋の扉を開けると、きっと勉強机もベッドも貴方の思い通りに並べることができると思います。

H様邸 上棟完了

H様邸の上棟が無事に完了しました。

完全二世帯住宅でありながらセンターベランダを共有し、広がる田園風景を眺めながらカフェテラスのような空間を2階に確保する設計になっています。

施工完了時に再度ご覧頂けるようにしっかりと工事を進めて参ります。

HSS金物を採用しお客様のニーズに即した間取りや動線、空間作りも次回はご覧頂ける予定となっておりますのでご期待下さい。

5年前、北上川に隣接したご自宅が被災し解体を余儀なくされましたが、解体時に再利用を考え保管していた木材を活用し化粧を施す予定です。5年ぶりに家に戻ってくる想い出と共に組みこんで行きますので是非楽しみにお待ち下さい。

東北における復興への貢献として、次世代省エネ住宅『 両親の家 』(商標登録済み)の普及展開。ストローグによる木造3階建てガレージハウス建築で東北随一の実績と高いノウハウを保有しております。注文住宅の新築、リフォーム・リノベーションにつきましてもお客様のご予算に応じてご相談を承ります。

Top